忍者ブログ

エーチーム|エーライツ

このサイトはエーチームグループ(エーチーム/エーライツ/エープラス)の所属タレントの評判のニュースやオーディション情報を発信するアン・オフィシャルサイトです。 エーチームグループは幅広いジャンルで活躍しているタレントが多く在籍しているので最新のニュースを楽しみして下さい。

【エーチーム 2ちゃんねる】DAIGOソロシングルで素手解禁「10年前を超えたい」【エーチーム 歌手】

 

【エーチーム 2ちゃんねる】DAIGOソロシングルで素手解禁「10年前を超えたい」【エーチーム 歌手】


 

DAIGOソロシングルで

素手解禁


「10年前を超えたい」




DAIGO(BREAKERZ)がソロ名義の1stシングル「いつも抱きしめて / 無限∞REBIRTH」を7月31日にリリースする。



daigo31.jpg
DAIGOの1stシングル「いつも抱きしめて /
無限∞REBIRTH」公開レコーディングの様子



以前のソロ名義だったDAIGO☆STARDUST以来、10年ぶりにソロ活動を開始するDAIGO。“DAIGO”として発表される本作は、温かみのあるミドルナンバー「いつも抱きしめて」と疾走感あふれるアッパーチューン「無限∞REBIRTH」の両A面シングルとなる。なお初回限定盤Aには「いつも抱きしめて」、初回限定盤Bには「無限∞REBIRTH」のPVとメイキング映像を収めたDVDが付属し、通常盤はDAIGO☆STARDUSTの「デイジー」を再レコーディングした「デイジー ~2013version~」が追加収録される。


本日6月19日、DAIGOは都内某所でマスコミ向けに公開レコーディングを実施。続けて行われた囲み取材では、「10年前にDAIGO☆STARDUSTでデビューして『星から舞い降りたロック王子』っていう設定でやってたんですけど、ほんとにその名の通り星屑になってしまったので(笑)。今回はそういうことがないようにDAIGOとしてソロ活動をしっかりやっていきたいなと。10年前のリベンジも含めてがんばっていきたいです」とソロ活動への意気込みを語った。



daigo32.jpg
DAIGOの1stシングル「いつも抱きしめて /
無限∞REBIRTH」公開レコーディングの様子



そのほかDAIGO☆STARDUST時代を「思うようにいかなかった部分もあった」と振り返り、今後について「僕もだいぶ大人になったので、スタッフさんだったり偉い人とモメないようにスムーズな活動をしていきたい」と話して報道陣を笑わせる。今回のシングルについては「人生という旅でいろんなパートナーや仲間と歩いてきた中で、みんなとの絆が自分を強くしてくれたので。そういう絆への思いを込めて作りました」とコメントした。



daigo33.jpg
DAIGOの1stシングル「いつも抱きしめて /
無限∞REBIRTH」公開レコーディングの様子



また彼は今回のソロ活動にあたって自身のトレードマークであるグローブを外し、素手を解禁したことを明かす。そして最後にソロとしての目標を尋ねられると、DAIGO☆STARDUSTのデビューシングルのチャートが64位だったことを引き合いに出し、今回は55位以上を目指すという控えめな数値を回答しつつ「改めてデビューできるので10年前を超えたい」と意欲を見せた。



 

||DAIGO「いつも抱きしめて / 無限∞REBIRTH」収録曲


01. いつも抱きしめて

02. 無限∞REBIRTH

03. デイジー ~2013version~(※通常盤のみ収録)



DAIGO「いつも抱きしめて / 無限∞REBIRTH(初回限定盤A)」
daigo34.jpg
[CD+DVD] 2013/07/31発売 1680円
ZAIN RECORDS ZACL-6027

<初回限定盤A DVD収録内容>

・「いつも抱きしめて」Music Clip+Music Clip off shot



DAIGO「いつも抱きしめて / 無限∞REBIRTH(初回限定盤B)」
daigo35.jpg
[CD+DVD] 2013/07/31発売 1680円
ZAIN RECORDS ZACL-6028

<初回限定盤B DVD収録内容>

・「無限∞REBIRTH」Music Clip+Music Clip off shot



DAIGO「いつも抱きしめて / 無限∞REBIRTH(通常盤)」
daigo36.jpg
[CD] 2013/07/31発売 1260円
ZAIN RECORDS ZACL-4043


daigo37.jpg
DAIGOの1stシングル「いつも抱きしめて /
無限∞REBIRTH」公開レコーディングの様子




BREAKERZ OFFICIAL WEBSITE
ナタリー - DAIGOソロシングルで素手解禁「10年前を超えたい」
【音楽】DAIGO、10年ぶりソロ活動再開「前の自分超えたい」…7月31日に新曲「いつも抱きしめて/無限∞REBIRTH」をリリース - 2NN 2ちゃんねるニュース速報+ナビ
【歌手】DAIGO、アニメ版「ヴァンガード」に再び本人役で出演! 登場回はリングジョーカー編の第15話「伝説の文化祭」 - 2NN 2ちゃんねるニュース速報+ナビ
【芸能】DAIGO「今後は安全に、ピース(平和)にロックを奏で、追求していきたい」…BREAKERZのベストアルバム発売記念イベント - 2NN 2ちゃんねるニュース速報+ナビ
DAIGOソロ活動「ダイゴミクス」宣言 - 音楽ニュース : nikkansports.com
DAIGO、10年ぶりソロ活動再開「前の自分超えたい」 (DAIGO) ニュース-ORICON STYLE-
エープラス|所属タレント|DAIGO
エーチームグループオーディション|所属タレント|DAIGO
エー・プラスとは - はてなキーワード
A-PLUSとは - はてなキーワード
DAIGOとは - はてなキーワード


◆DAIGO いつも抱きしめて 音楽の日2013 06 29




◆DAIGO「無限∞REBIRTH」TV-CM 30秒Ver.

PR

エーチームグループ|エーチーム所属 臼田あさ美 出演 映画「鈴木先生」本ビジュアル解禁

[映画.com ニュース] 第49回ギャラクシー賞で優秀賞を受賞したドラマを映画化する「鈴木先生」の本ビジュアルを、映画.comが入手した。8月に公開されたポスターでは、長谷川博己扮する主人公・鈴木先生の顔やジャケットが、何色ものペンキにまみれていた。このたび公開された本ビジュアルで、そのペンキの正体が判明。鈴木先生が担任するクラスの生徒たちの手形によるもので、背景にはその手形で作られた虹がかかっている。生徒たちの笑顔や虹のモチーフ、「世界は変わる」というキャッチコピーから、前向きな印象が伝わってくる。

 

黒縁メガネとループタイがトレードマークの国語教師・鈴木章は、普通に見える生徒ほど心の中にうっ屈したものを抱えていると感じていた。そこで、教育現場の常識を打ち破り、独自の教育理論“鈴木メソッド”を駆使して、理想のクラスづくりに奮闘する。武富健治の同名漫画が原作で、昨年4月にドラマ化された。

 

映画では、妊娠中の妻・麻美(臼田あさ美)の支えと生徒たちの成長に助けられ、教師として充実した日々を送る鈴木は、理想のクラスを作るために欠かせない“スペシャルファクター”として、女子生徒・小川蘇美(土屋太鳳)を重視していた。2学期が始まり、生徒会選挙と文化祭の準備で大忙しのある日、OB・勝野ユウジ(風間俊介)が、小川を人質にして学校に立てこもってしまう。

 

妻役の臼田や生徒役の土屋をはじめ、田畑智子、斉木しげる、でんでん、富田靖子ら“教師陣”も再結集。監督は、ドラマの演出を手がけた河合勇人が続投し、脚本もドラマ版と同じく古沢良太が担当した。

 

「鈴木先生」は、2013年1月12日から全国で公開。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121026-00000002-eiga-movi

 

 


臼田 あさ美 プロフィール
愛称 あさみどん、あーちゃん
生年月日 1984年10月17日
出身地 千葉県松戸市
血液型 A型
身長 163 cm
体重 49 kg
スリーサイズ 80cm / 59cm / 83cm
ブラのサイズ B
股下 76 cm
身長比 46.6 %
靴のサイズ 23.5 cm
ジャンル ファッションモデル、タレント、女優
ファッション誌『CanCam』のオーディションに合格し2003年から2005年まで、専属モデル。2007年から2008年12月号の『AneCan』誌専属モデル。
エーチームグループ「エーチーム/エープラス/エーライツ/エーチームアカデミー」エーチーム(A-TEAM)所属
エーチームに所属してからドラマ・映画といった女優業を中心に活動。


カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

twitter

ブログランキング

にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ



人気ブログランキングへ



あわせて読みたい

ブックマーク/RSS

Google+1

カテゴリー

Copyright © エーチーム|エーライツ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]