忍者ブログ

エーチーム|エーライツ

このサイトはエーチームグループ(エーチーム/エーライツ/エープラス)の所属タレントの評判のニュースやオーディション情報を発信するアン・オフィシャルサイトです。 エーチームグループは幅広いジャンルで活躍しているタレントが多く在籍しているので最新のニュースを楽しみして下さい。

エーチームグループ/グループ所属 臼田あさ美 『東京プレイボーイクラブ』「めちゃくちゃだけど、がむしゃらな姿って愛おしい」

24歳の新人監督・奥田庸介が大森南朋、光石研、臼田あさ美ら実力派を迎えて撮り上げた『東京プレイボーイクラブ』が2月4日(土)より公開を迎える。舞台は半端ものたちが集まる場末のクラブ。行き当たりばったりにトラブルに巻き込まれていく男女の姿を、強烈なパワーをもって描き出す。

バイオレンスに満ちた作品にあって、儚げながら凛とした存在感で目を引くのが臼田あさ美だ。話を聞くと「エネルギッシュで、勢いのある映画で!」と目を輝かせる。なかでも魅力的に感じたのは、勢いの中から垣間見える人間の感情だという。「自分の心情を語る人物は誰もいない。それなのに、ぐらぐらと揺れ動いている感情がものすごく伝わってくるんです」。

演じたエリ子役は、極端にセリフの少ない役どころだ。「エリ子は過去も、どうしてこういう状況になったのかもほとんど描かれていない。バイトもすぐクビになっちゃうし、もどかしい生き方をしている女の子。大森さん演じた勝利にしろ、がむしゃらに生きているけど、どうにもうまくいかないというもどかしさは、誰しもが共感できるところなんじゃないかな」。

どのように役作りに挑んだのだろうか? 「私も感情をむき出しにする方ではないので、彼女の生き方に共感はできたんですが、当初もらった台本にはほとんどセリフが書かれていなくて(笑)。何も語らない演技がどれくらい難しいのか、撮影前は不安でいっぱいでした。でも現場に入ってみると、大森さんと光石さんがものすごいスイッチを持って芝居をするので! おふたりを見ているだけで、『あ!エリ子ってこれだ!』って、彼女の気持ちがすっと自分の中に入って来たんです」。

その感覚は全く新しいものだったという。「頭で考えずに、感覚で役柄に近づけたと思ったのは初めての経験。そこにいるだけで気持ちがブワってあふれてくる。エリ子が、ただそこにいて、周りをじっと見ている人だからこそ、私も周りの空気を吸い込んで、役になれた気がします」。

年下の奥田監督の印象を聞いてみた。「風貌はBボーイ風なんですが(笑)。話す内容は腰が低くてすごく丁寧。そのギャップが面白かったです。そして、この映画に賭ける気合いと熱量が尋常じゃなかった。自分の中に“譲れない”というものを持っている監督」。

その熱さを強く感じたエピソードを明かしてくれた。「撮影の前から『絶対に損はさせないし、“エリ子役をやって良かった”って絶対に言わせるから!』って。高揚し過ぎちゃったりもするので、大森さんが『まあまあ』って監督をなだめたりして(笑)。そのバランスがすごく良いし、光石さんはいるだけで面白いし(笑)。とにかく楽しくて仕方がない現場でした」。

監督は、撮影中に38度の発熱をしてしまったそう! 「もう、小学生みたいで(笑)。勢いがあり余っちゃったのか、子供の知恵熱みたいなもので。ちょっと可愛らしいですよね。この映画の、めちゃくちゃなところもあるけれど、がむしゃらに生きている様って、愛おしいという感じは、監督自身に重なります。その熱がみんなの背中を押して、作品が出来上がった気がしています」。

映画ラストに流れるのは、エレファントカシマシの名曲「パワー・イン・ザ・ワールド」。監督は「死ぬまで走るんだ!」と叫ぶ、この曲にインスパイアを受けて脚本を書き上げた。自身のパワーとなるものは? 「人のエネルギーに突き動かされますね。今回は監督の熱さに『私も負けないぞ!』と思ったし、私を選んでくれた監督には絶対に損はさせたくないって気合いが入りました」。

常に新しい現場で多くの人々とのつながりを持たなければならない女優業。「たくさんの人とワイワイするのが不得意な自分にとっては、大変なことばかり」と話す。「でも今回の現場で、役柄は自分だけで作るものじゃない。監督や共演者の方とコミュニケーションをとって生まれたものがたくさんあるし、人と関わっている、つながっている意識をすごく感じて。その意識はこれからの自分の武器にしたいです。それに、大変だと思って落ち込んでも、まだまだ止めない自分がいるということは、まだまだやりたい!っていうことですから」。

ふわりとした笑顔の中に、女優としての強さがきらりと光る。奥田監督のパワーあふれる若き才能、新たな武器を手にした女優・臼田あさ美を是非スクリーンで確認してもらいたい。

http://news.walkerplus.com/2012/0202/8/



臼田 あさ美 プロフィール
愛称 あさみどん、あーちゃん
生年月日 1984年10月17日
出身地 千葉県松戸市
血液型 A型
身長 163 cm
体重 49 kg
スリーサイズ 80cm / 59cm / 83cm
ブラのサイズ B
股下 76 cm
身長比 46.6 %
靴のサイズ 23.5 cm
ジャンル ファッションモデル、タレント、女優
ファッション誌『CanCam』のオーディションに合格し2003年から2005年まで、専属モデル。2007年から2008年12月号の『AneCan』誌専属モデル。
現在はドラマ・映画といった女優業を中心に活動。
エーチームグループ(A-TEAM GROUP)【エーチーム/エープラス/エーライツ/エーチームアカデミー】エーチーム所属


■エーチームグループ(A-TEAM GROUP)
エーチーム 
http://www.ateam-japan.com/
エープラス
http://www.aplus-japan.com/
エーライツ
http://www.a-light.jp/

臼田 あさ美が所属しているエーチームグループが新人発掘のエーチームグループオーディション2012を開催しています。 
http://www.a-audition.jp/

■1次審査(書類審査)⇒2次審査(オーディション)⇒3次審査(最終面接)

『主なオーディション出身者』

蕨野友也(エーチーム所属)2012年10月21日21時~TBS 日曜劇場「MONSTERS」の高倉寛治役でレギュラー出演。

浅香航大(エーチーム所属)2012年10月14日21時~フジテレビ「TOKYOエアポート」の飯田博之役でレギュラー出演及び伊藤英明主演・映画「悪の教典」では夏越雄一郎役で出演。

浅賀玲音(エーライツ所属)とソーズビー航洋(エーライツ所属)NHK教育「大!天才てれびくん」のてれび戦士としてレギュラー出演。


 


PR

エーチームグループ/エープラス 芹那(SDN48)が司会に初挑戦!「今後の婚活に役立てたい」

テレビ東京系で10月3日(月)にスタートする新番組「テリー伊藤のネホリハホリ」の取材会が9月20日、都内で行われ、司会を務めるテリー伊藤、SDN48・芹那が登場した。

同番組は、注目企業の社員を直撃し“単純でアホな疑問”をぶつけながら、ゆるくひも解いていく経済番組。初回となる10月3日(月)の放送では、高品質ドーナツ店「ドーナッツプラント」を展開する会社「ビッグイーツ」に迫る。後藤順社長をはじめ、IT業界出身のドーナツ製造工場長、ライバル社から転身してきたマーケティング担当者などが登場。ニューヨーク生まれの「ドーナッツプラント」が、日本上陸後7年間で年商15億円にまで成長した秘密から、新商品開発の裏側などを明かす。

'01~'08年に放送されたドキュメンタリー番組「給与明細」以来、3年ぶりに同局でレギュラー出演となるテリーは「お金をリアルに稼いでる人と話す機会ってあまりないので、非常に楽しみにしています。特に、成功している皆さんなので、そこから何かヒントがあるんじゃないかなと思っています。
一人でも日本から素晴らしい起業家が出てこられるように、そういったサポートができるような番組にしたいと思います」と意気込んだ。

また、今回番組で初めて司会を務める芹那は「ファンの方たちには見せたことない自分を見せていきたいです。また、MCというものを自分の中で“もの”にしていきたいなと思っています。
あとは、いろんな企業の方が来るので、そういう成功者の人たちをたくさん見て今後の婚活に役立てたいです(笑)」とアピールした。 さらに、お互いの印象について、テリーが「僕はもっと(SDN48の曲「MIN・MIN・MIN」のセクシーダンスように)“ミンミン”しているのかと思ってました。
もっとそういうところを出して欲しいです(笑)」と明かすと、芹那は「テリーさんは、テレビで怒っているイメージしかなかったので、きょうは本当にどうしようって思ってました。
回りの人は『テリーさんすごいいい人だよ』って言ってくれてたんですけど、信じられなくて(笑)。最初にごあいさつした時に、“ミンミン”の話もして下さったので、ちょっとホッとしました」と会場を沸かせた。

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

twitter

ブログランキング

にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ



人気ブログランキングへ



あわせて読みたい

ブックマーク/RSS

Google+1

カテゴリー

Copyright © エーチーム|エーライツ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]