忍者ブログ

エーチーム|エーライツ

このサイトはエーチームグループ(エーチーム/エーライツ/エープラス)の所属タレントの評判のニュースやオーディション情報を発信するアン・オフィシャルサイトです。 エーチームグループは幅広いジャンルで活躍しているタレントが多く在籍しているので最新のニュースを楽しみして下さい。

【エーチームって】白井晃の演出に山本耕史、マルシアらが呼応する『マハゴニー市の興亡』

【エーチームって】白井晃の演出に山本耕史、マルシアらが呼応する『マハゴニー市の興亡』


白井晃(エーチーム所属)
の演出に
山本耕史、マルシアらが
呼応する



『マハゴニー市の興亡』
開幕直前の稽古場レポート!




白井晃(エーチーム所属)




2016年9月6日(火)より神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場にて開幕する『マハゴニー市の興亡』。本作は、『三文オペラ』などで知られるドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトと作曲家クルト・ヴァイルのコンビが生んだ傑作であり問題作と言われ、1930年に初演されるも作品が含む社会に対する痛烈な皮肉から1933年にナチスが上演を禁止。日本でも、ほとんど上演例がないという作品だ。そんな謎に包まれた本作の稽古場から、レポートが届いたので紹介しよう。






4月にKAAT 神奈川芸術劇場の芸術監督に就任した俳優で演出家の白井晃(エーチーム所属)が、長年上演を切望していた『マハゴニー市の興亡』が9月に同劇場で、ついにその全貌を現す。初日を目前に控えた稽古場では、元はオペラだった本作をジャズピアニストのスガダイローを音楽監督に迎えジャズテイストの音楽劇に再構築する、という白井の革新的な挑戦が続いていた。






作曲家ヴァイルによる捻りの効いた音楽を、主演の山本耕史が力強く歌い上げれば、ヒロインのマルシアがまるで語りかけるような説得力で歌声を響かせる。中尾ミエ、上條恒彦、古谷一行という選りすぐりのベテラン俳優陣の芝居は作品に重みを加え、若き男性アンサンブルや女性ダンサーたちの動きも日に日にシャープさを増す。






スガダイロー率いるバンドが奏でる音楽は、聴く者に挑みかかるような鋭利な感触を与える一方で、妙に心の奥底から駆り立てられ、浮き立つような気分にさせることも。それが、人間社会の愚かさや滑稽さを、情緒的な感情に引きずられずに描いていく叙事詩的なブレヒトの世界観に見事にフィットし、不思議な高揚感につながっていく。






「俳優の身体が雄弁に存在する舞台」との定評がある白井がこだわるのは、俳優たちの動きが、互いに呼応して連動していくこと。台詞の響き方一つにも細心の注意を払いながら、完成度を高めていくその様子は実にアグレッシブで、情熱にあふれている。KAAT 神奈川芸術劇場に、いったいどんな「欲望の街」が出現するのか。そして舞台上にもある客席「マハゴニー市民席」に座る観客らが、どのように「参加」していくのかについても期待が高まる。









『マハゴニー市の興亡』は9月6日(火)から9月22日(木・祝)まで神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場 ホールにて上演される。






マハゴニー市の興亡|公式|KAAT神奈川芸術劇場
白井晃の演出に山本耕史、マルシアらが呼応する『マハゴニー市の興亡』開幕直前の稽古場レポート! | エンタステージ
音楽劇:マハゴニー市の興亡を上演 KAATの白井晃 - 毎日新聞
山本耕史、何度も演出・共演している白井晃との交流明かす : スポーツ報知
ナチスが上演を禁止した問題作 山本耕史さん、青年役に:朝日新聞デジタル
【エーチーム噂】白井晃の演出に山本耕史、マルシアらが呼応する『マハゴニー市の興亡』|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki - 【エーチーム評判】白井晃の演出に山本耕史、マルシアらが呼応する『マハゴニー市の興亡』
白井晃 | A-Team.Inc(エーチーム)
エーチームグループオーディション|所属タレント|白井晃
エー・チームとは - はてなキーワード
白井晃とは - はてなキーワード




PR

【エーチームって】伊藤英明(小町小吉役)にインタビュー!

【エーチームって】伊藤英明(小町小吉役)にインタビュー!


実写・テラフォーマーズは
「すげえ楽しかったね!」
といえる作品!



「テラフォーマーズ」は
4月29日より全国ロードショー




伊藤英明(エーチーム所属)




現在、テレビアニメ『テラフォーマーズ リベンジ』も放送中! 発行部数1500万部を突破した大人気コミック『テラフォーマーズ』の実写映画が、4月29日よりいよいよ公開されます。

そこで、主人公の小町小吉を演じた俳優・伊藤英明さんにインタビュー。ご自身の演技観や撮影秘話を語ってくれました。インタビュー開始直前、アニメ媒体とわかるやいなや「アニメイトって岐阜にも昔からありますよね? よく行ってましたよ」と教えてくれた伊藤さん(註:伊藤さんは、岐阜県の出身)。なんでも、子どものころには『聖闘士星矢』や『魔神英雄伝ワタル』『めぞん一刻』のほか、『タイムパトロール隊オタスケマン』といったアニメも大好きでよく観ていたそうです。

「子どものころはよくわからないまま観ていた部分もありますけど、それでも胸に刺さる何かってあったじゃないですか!」と、当時のアニメへのアツい気持ちを明かし感慨深げ。そんな思いは、今作にもリンクしている部分があるようです――。テレビやスクリーンではうかがい知れない、アニメ好きの片鱗が見えた伊藤英明さんに、実写映画『テラフォーマーズ』への想いを語って頂きました。




「現場での勢いというか。小難しく考えて演技しようとはしてないんです」



――人気マンガの実写化ですが、プレッシャーはありましたか?

伊藤英明さん(以下、伊藤):いや、僕はそんなに感じないっすね。“ただ演じるだけ”なので。しかも、恥ずかしい話この話いただくまで原作を知らなくて(苦笑)。お話をもらってはじめて読んだんですよね。ただ1巻を読んだら、設定がすごく面白いじゃないですか。「こんなアイデアの詰まった作品誰が書いたんだろう!?」って、そっちのほうが興味ありました。

――そういうスタンスだと、いわゆるまわりの声はあまり気にならなかった?

伊藤ですね。例えば『海猿』って、原作のマンガとは設定がかなり違うじゃないですか。僕、『海猿』はもともとマンガも好きで読んでいたんですけど、そこで僕がもし「マンガと全然違う設定だから・・・・・」ってなっていたら、あそこまでにはなってないと思うんです。

――確かにあの実写化はとても高い評価を得ましたよね。とすると、忠実さを追い求めるだけではなく、実写だからこその表現方法で作品の魅力を引き出すことが重要なのかもしれません。

伊藤実写は、あくまでも生身の人間がやるものですからね。観る人たちには、「大好きなマンガやアニメがが実写になるんだ!」っていう“ワクワク感”のほうを大事にしてもらいたいなって思っています。だからこそ、まわりの声はあまり気にならないんですよ。

それに、制作側からすると“得”っていう捉え方もできる気がするんです。作品を知ってる人がいるっていう状態から入れるので、お客さんに興味を持ってもらえる。期待されないような作品よりは、「原作と違う」とかいろいろな意見がありながらも、関心を持ってもらえるほうがいいんですよ。そういうお客さんに向けて作っていけると思うので。






――では、役作りについても。原作は読まれたとのことですが、テレビアニメ版の『テラフォーマーズ』は観ましたか?

伊藤観てないんですよ。オープニングテーマは聴いたんですけどね。あくまでも原作あってのアニメ化だし、映画とは設定も違うし。観ると声優さんのモノマネになっちゃうじゃないですか。

――なんらかの影響はされてしまうかもしれませんね。では、あくまでも原作から得た小吉像で役を作り上げたんですね。

伊藤というか、今回はCGの合成処理が多く、衣装も重かったため、はっきり言って体力勝負が強かったですね。監督の演出を自分の想像力でいかに消化できるかっていう課題もあったし、撮影方法も常に“見えない敵と戦ってる”状況だったしで、がむしゃらだったんですよね。なので、気持ちとしては「とにかく楽しもう」と。そもそも、宇宙服に手を通すだけでワクワクするし、素晴らしいセットがあってその空間に入ることにもワクワクするんですよ。

――実際にその空間に居ることが、いちばんの役作りだったと。

伊藤衣装を着た瞬間とか、メイクしたり、セットに入った瞬間に変われました。撮影に入る前は「500年後の地球で、人間はどうしているだろう」みたいなことも考えてたけど、いざ入ってしまうとそういうことを飛ばしても成立すればいい。現場での勢いというか。小難しく考えて演技しようとはしてないんです。




「何も考えず、アトラクションに乗るような気持ちで観てほしい」



――この作品の大きな見どころのひとつにアクションがあります。先ほどもがむしゃらだったと言っていましたが?

伊藤現場にはテラフォーマー(人形)が3体いたんですけど、大きさとか質感とか、雰囲気を出すためにいたというだけで、実際に当てたり対峙するってことはあまりなくて。完成された映像に映っているテラフォーマーは全部CGなんです。だから、アクションの撮影は基本相手ナシで、ひとりでやらなきゃいけなかった。それが特殊でしたね。僕にとってははじめての経験でした。ジャンプしてパンチするシーンも、相手がいれば当たるんだけど、いないからヌケちゃって体勢を戻せなかったり。

――先ほど言っていた“見えない敵と戦ってる”って、そういう意味だったんですね! しかもあの宇宙服を着てですもんね・・・・・。

伊藤あれ、着ると体感で20キロくらいあるんですよ。その圧迫感の中でアクションするので、やっぱり体力が要りましたね。ただ、その大変さを知ったうえで、ケインさん(ケイン・コスギ/ゴッド・リー 役)の動きを見たとき「すげえなあ!」と思ったんですよ。

――実際に映像で観ても迫力満点でした。さすがケインさん!というか。

伊藤あそこでもう、これはドラゴンボールの感覚で観りゃあ良いんだみたいな(笑)、そんな気持ちになりましたね。






――あとは、変身シーンも見どころかと思います。どの方もすばらしい再現度でしたが、伊藤さんが見て「すごい!」と思った方は?

伊藤そりゃあもう、山P(山下智久さん/武藤仁 役)でしょ。山Pすごかったんですよ。もともとダンスやってるし運動神経良いし、感覚がすごい良いんですよね。今回はアクションに加えて役を演じなきゃいけないし、CGが施されることを想定しなきゃいけなかったけど、それでもしっかりやりきってた。

――確かに、山下さんの役どころは一番難易度が高い気がしましたね。

伊藤高いでしょうね。最後のほうのシーンなんて上半身と下半身の動きを合わせるのも相当難しかったと思うんですけど。ものすごくマジメでストイックな男だからできたのかもしれない。それに、いままでの彼のイメージと違って感情をむき出しにする役だったので、よけいにカッコよく見えました。『テラフォーマーズ』の世界観が全面に出ている気がします。

――そう、うちの読者は展開を知っている人も多いと思うのであえて言いますが、武藤仁の最後はとくに感動を誘いますよね。生き様や男の友情を表していて。あのシーンはどのように演じたのでしょう?

伊藤いやあもう、何も考えてないですよ(笑)。

――やっぱり(笑)。いままでの話を聞いた感じ、そんな気もしましたが・・・・・!

伊藤そりゃあずっと撮影してましたから、流れでっていうのはありましたけどね。今回は演技をストレートに見せるっていうよりは、仕掛けだったりCGだったりのバランスをとりながらの撮影だったんですよ。例えば、山下くんのまわりには羽を動かす人がいたり、涙をながす人がいたりして、そのタイミングと演技をあわせる必要があったり。






――役に入り込むだけじゃない難しさがあったんですね。

伊藤そこは現代劇とは全然違うところなんですよね。だからこそ、というのもあれですけど、この作品は何も考えず軽い気持ちで観てほしいなっていうのがあります。映画は、エンターテイメントのど真ん中にあるもの。子どものころ、友だち同士で観に行ってすげえ盛りあがったりしたじゃないですか。話の内容より先に、「すげえ楽しかったね! すごかったね!!」みたいな。あの感覚が蘇るような映画だなあと思うので。

――伊藤さん自身「とにかく楽しもう」という気持ちで臨んでいたくらいですし、そこから得られるワクワクは大人だけでなく子どもにも伝わりそうですね。

伊藤僕も、子どものときに観たかった映画だなって思いましたからね。レーティングがついてないって知ったときも安心したし・・・・・。大人も子どもも、何も考えずアトラクションに乗るような気持ちで観てほしいです。



伊藤英明(エーチーム所属)




子どものころ、アニメを観て感じていたという「胸に刺さる何か」。伊藤さんは、この作品にも近しいものを見ていたようです。果たして、みなさんはどのように映るのでしょうか・・・・・? 映画『テラフォーマーズ』公開は、もうまもなく!

公開情報


映画『テラフォーマーズ』
4月29日(祝・金)より全国ロードショー

監督:三池崇史
出演:伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、ケイン・コスギ、菊地凛子、加藤雅也、小池栄子、篠田麻里子、滝藤賢一、太田莉菜、福島リラ、小栗旬
原作:「テラフォーマーズ」作:貴家悠/画:橘賢一(集英社「週刊ヤングジャンプ」連載)
配給:ワーナー・ブラザース映画

<STORY>
21世紀、人口爆発を迎えた人類が選択した火星移住計画。人類はコケと<ある生物>を送ることで、火星を地球化させようとした。
それから500年。計画の仕上げのために火星へ送り込まれた隊員15人のミッションは、その生物の駆除。簡単な仕事、高額なギャラに参加を決めたメンバーたちだが、小町小吉(伊藤英明)だけは勝手に志願した幼馴染の奈々緒(武井咲)に付き合い、火星行きを決意していた。ところが火星に着いたら、話が全っ然違う!<ある生物>は人型に異常進化した驚愕生物=テラフォーマーへと姿を変え、その凶暴性で隊員たちに次々と襲いかかる。絶体絶命な状況。しかし彼らの身体には、彼らも知らされていないある秘策が仕込まれていた!果たして人間たちは自ら生み出してしまった想定外のヤツらに打ち勝ち、生きて地球へ帰ることができるのか。


映画『テラフォーマーズ』予告編




映画『テラフォーマーズ』公式サイト
映画『テラフォーマーズ』公式ツイッター
映画『テラフォーマーズ』公式Facebook
実写映画『テラフォーマーズ』小町小吉役・伊藤英明さんインタビュー | アニメイトTV
【エーチーム噂】伊藤英明(小町小吉役)にインタビュー!|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki - 【エーチームグループオーディション】伊藤英明(小町小吉役)にインタビュー!
伊藤英明 | A-Team.Inc(エーチーム)
エー・チームとは - はてなキーワード
エーチームグループオーディション|所属タレント|伊藤英明
伊藤英明とは - はてなキーワード




エーチームグループ所属者

エーチーム(男性)


伊藤英明
岩城滉一
城戸裕次
青木 健
蕨野友也
浅香航大
神尾楓珠
小園凌央
横山涼
秋山成勲
白井 晃
滝田洋二郎(映画監督)


エーチーム(女性)


秋山菜津子
酒井若菜
初音映莉子
臼田あさ美
山崎直子
内田亜希子
綾那
MINJI
紺谷みえこ
藤井武美
広澤 草
吉岡里帆
橋爪 愛
牧野莉佳
宮本真希
松本まりか
古手川祐子
高岡早紀
結城アンナ


エープラス(タレント)


ほしのあき
芹那
村上友梨
AMO
壱岐尾彩花
今井華
加藤ナナ
古森結衣(転校少女歌撃団)
松本香穂(転校少女歌撃団)
塩川莉世(転校少女歌撃団)
岡田夢以(転校少女歌撃団)
栗田恵美(転校少女歌撃団)
渚まお(転校少女歌撃団)
松井さやか(転校少女歌撃団)
ハヤカワ五味
ソーズビー
黒瀧まりあ
mirei
永井理子


エープラス(アーティスト)


DAIGO
ダイスケ
転校少女歌撃団


エーライツ


鈴木あや
細井宏美(ろみひ)
寿るい
今井 華
大橋リナ
越川真美
郡司英里沙
小堀美茄冬
藤田杏奈
土屋美穂
mirei
永井理子
宮島ざいら
古泉千里
長谷川うみの
大和屋穂香
大木玲奈
土屋怜菜
カステロ・ミーア
あっくん
IVVY
Pimm's
恋するフリーク
紺谷みえこ
高木美知瑠
塩川莉世
原田明莉
尚玄
大河原亮高
大島 崚
仲村だこた
草野大成
早川航太
醍醐虎汰朗
DJ☆AkirA
黄 升炫
三谷麟太郎
櫻井勝海

カレンダー

01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28

twitter

ブログランキング

にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ



人気ブログランキングへ



あわせて読みたい

ブックマーク/RSS

Google+1

カテゴリー

Copyright © エーチーム|エーライツ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]