忍者ブログ

エーチーム|エーライツ

このサイトはエーチームグループ(エーチーム/エーライツ/エープラス)の所属タレントの評判のニュースやオーディション情報を発信するアン・オフィシャルサイトです。 エーチームグループは幅広いジャンルで活躍しているタレントが多く在籍しているので最新のニュースを楽しみして下さい。

【エーチームグループ 評判】DAIGOと「マラソン」の浅からぬ因縁とは?

【エーチームグループ 評判】DAIGOと「マラソン」の浅からぬ因縁とは?


祖父・竹下登から続く鬼門!?
DAIGOと「マラソン」の
浅からぬ因縁とは?





DAIGO(エープラス所属)



「HMで‥‥走ります」

5月26日、生放送中にDAIGO(37)は、お得意のイニシャルネタでオファーを快諾した。これで、今年の「24時間テレビ」のチャリティマラソンランナーが決定したわけだが‥‥。

「サプライズオファーは話題作りのための演出であり、1週間の猶予も何もDAIGOが快諾するのは、最初から規定路線と見られていました」(芸能記者)

多くの芸能マスコミは驚かずに、この日を迎えた。



DAIGO(エープラス所属)



ところが、あらぬ場所ではオファー受諾に驚愕していた。その場所とは永田町。DAIGOの祖父は故・竹下登元首相である。その因縁が驚愕を呼んだという。

政治部デスクが言う。

「竹下氏は87年に中曽根康弘氏から禅譲される形で総理となったのですが、その際に、安倍晋太郎氏(故人)と宮沢喜一氏と三つ巴の後継争いを繰り広げた。結果、竹下氏が首相後継を勝ち取るのですが、16時間におよぶ密室会談の末の決着だったため、『密室マラソン』と新聞各紙が大批判を展開した。以来、竹下家ではマラソンは鬼門とされていただけに、DAIGOが本当に迷っているのではないかと、永田町では言われていました」

竹下氏は総理就任の晩に帰宅して、「アイムソーリー、僕ソーリ」とギャグを飛ばした。今や、DAIGOの持ちネタの1つとなっている話だが、「密室マラソン」を駆け抜けた“ランニングハイ”だったことは想像にかたくない。


DAIGO「24時間テレビマラソン」決意直後に突撃



大批判の中、政権をスタートさせた竹下氏だが、リクルート事件の余波で、1年半の短期政権で終焉。竹下氏は闇将軍よろしくキングメーカーとなった。

「それもつかの間、92年には『佐川急便事件』が発覚し、“ほめ殺し”による『皇民党事件』まで露呈して、竹下氏は失脚します。その際、野党は『竹下流でいく』として『マラソン演説会』という批判集会を開催。さらに市民団体も『マラソンリレー抗議』という活動を展開しました。最後まで『マラソン』の4文字に苦しめられた政治家でした」(前出・政治部デスク)

マラソン当日は恋人の北川景子の誕生日。ゴールで待ち受ける演出が噂されているが、DAIGOが待ち望むのは、完走して祖父のタブーを破ることかもしれない。







祖父・竹下登から続く鬼門!?DAIGOと「マラソン」の浅からぬ因縁とは? | アサ芸プラス
【エーチームグループ 評判】DAIGOと「マラソン」の浅からぬ因縁とは?|エーチームオーディションに関するあれこれ
エーチーム/エーライツ/エープラス @ wiki - 【エーチームグループ 評判】DAIGOと「マラソン」の浅からぬ因縁とは?
DAIGO、『24時間テレビ』のマラソン挑戦決意! 涙浮かべ「H(走り)M(ます)」 | マイナビニュース
DAIGO、北川景子の誕生日に「24時間」マラソン……「HM(走ります)」 | RBB TODAY
DAIGO、出走日は恋人の誕生日 - エンタメ - 朝日新聞デジタル&w
答えは“HM”!DAIGO、24時間テレビマラソン挑戦「健康的なロッカーに」 - 音楽ナタリー
DAIGOオフィシャルブログ Powered by Ameba
エープラス|所属タレント|DAIGO
エーチームグループオーディション|所属タレント|DAIGO
DAIGOとは - はてなキーワード
エー・プラスとは - はてなキーワード





DAIGO(エープラス所属)
PR

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

twitter

ブログランキング

にほんブログ村 芸能ブログ エンターテインメントへ



人気ブログランキングへ



あわせて読みたい

ブックマーク/RSS

Google+1

カテゴリー

Copyright © エーチーム|エーライツ : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]